放送作家の備忘録

ステレオタイプに犬が好き

愛知県作文コンクール小学生の部最優秀賞受賞作

今週のお題「感謝したいこと」

 

本田南小学校5年 山本裕司

『ポリティカルサピエンス』

人間が人間であるために求められることの総称を、私は「感謝」と呼ぶ。

いま私たちの世界は、ああ、その変化の激しいことよ!

そして、にもかかわらず、我らが感謝の普遍であることよ!

私はまだ官能の喜びを知らない。

しかし、感謝の喜びがそれに劣るということがあり得ようか?

いや断じてない!

(審査員長の評)

山本さんの作文の「熱量」はハンパなかったです。私は作品との距離感を見失って貪り読みました。最優秀賞が妥当でしょう。

f:id:soukanaruhodone:20201202073636j:image

ご当地アイドルのファン感謝デー

今週のお題「感謝したいこと」

 

僕はマリモ49というアイドルグループの大ファンです。

 

阿寒湖のご当地アイドル、正確には阿寒湖沿岸のご当地アイドルなんだけど、みんな丸くてふかふか。

 

ただし人間だから肌色です🤣

 

このアイドルの特徴は49っていう不吉な数字を臆面もなく名乗っているところ。

 

絶滅覚悟って感じだよね。

 

で、不定期に開かれるファン感謝デーでは、阿寒湖の特産品、ワカサギの佃煮がもらえるんだ。

 

ふるさと納税のようなものかな🤣

 

終わり

f:id:soukanaruhodone:20201201185511j:image

山手線のホームで感謝が瞬殺された😂

今週のお題「感謝したいこと」

 

山手線池袋駅ホームでのこと。

僕はその日、とっても疲れていた。

鞄の中には鬼滅っぽいぬいぐるみが47個入っていた。今日のノルマは50個なのに、まだ3つしか売れていない。困った。売れ残った分は自腹で買い取るという仕組みなのだ。

先ほど僕は「鬼滅っぽい」と書いたが、僕が売っているのは著作権に引っかからない程度に鬼滅の刃風のぬいぐるみだ。仲間内では「秘密の八重歯」と呼んで笑っている。

どうする。もうあきらめて帰るか。。

その時、1人の小学生がやってきた。

「おじさん、それを入れる紙袋があるなら、僕が全部買ってあげるよ」

「え、え、まじで?」

僕は恥も外聞も忘れて浮かれた。

「おー、おー、君はまさに神小学生だ。おじさんみたいには絶対になるなよ。なるわけないか🤣えーと、えーと、あ、これこれ、大きなビニール袋ですよーん🤣」

「あのさあ、俺は紙袋が欲しいんだよ。そんなくそ人形なんて口実にすぎねえんだよ」

「😱」

「ないの?ないなら行くよ」

「😱」

終わり

f:id:soukanaruhodone:20201130141957j:image

有村架純さんと僕

僕は有村架純さんの身も心も大好きです。

こういう言い方をすると、僕が有村架純さんの身も心も知っているかのようですが、実はどちらも知りません😂

というわけで、有村架純さんに詩を捧げようと思います。

『未来』

絶対に挫けないで、前を向きなよ。

つらいこと悲しいことがあっても、

その先にあるのは、

ライト!光さ!

光に包まれて僕たちは向かい合うのさ。

永遠に!そう、永遠に!

めっちゃ余計なお世話アンド身勝手な詩です。

でも、仕方ないでしょ。

「仕方ない」で済ませるくらいなら、こんな詩を書くなと言いたくなるかもしれませんが、それなら「有村架純さんの目につかないところで決着をつけようじゃねえか」ですよ。

終わり

『ウェールズ地方の童謡など』

今週のお題「感謝したいこと」

 

5年前、ロンドンに赴任していた時、たまたま入った古本屋で『ウェールズ地方の童謡など』という本を手に取った。

その中に入っていたのが、次の詩である。

今週のお題が「感謝したいこと」だと知った時、私の頭にとっさに浮かんだのは、この詩のことだった。

作者は未詳。18世紀後半の作だという。

 

『太陽』

私達は太陽に感謝します。小麦を引き伸ばして、先っちょをブツブツにしてくれるから。

太陽が口づけしたお前の肌は真っ黒だ。

私はあなたに感謝したいが、のろまで愚かな人間なので、あなたはいつもその前に逃げちゃって、また明日。また明日。

その時、私はもう小麦畑で働いてます。

f:id:soukanaruhodone:20201129102647j:image

お母さんと恋人

今週のお題「感謝したいこと」

 

感謝したいことは

あなたが僕に感謝してくれたこと

あなたに感謝するのではなくて

あなたが僕に感謝してくれたこと

僕は僕であることに感謝します

お母さんに感謝します

あなたはしっかり我が家の嫁として

お母さんに尽くしてください

そうしたら僕はとても

あなたを感謝するでしやう

 

(解説)

徹底的な自我の追求と封建制への回帰。令和時代の奇跡とも言える時代錯誤感がクールです。

f:id:soukanaruhodone:20201128225056j:image

感謝もしくは日本人の美徳と悪徳

今週のお題「感謝したいこと」

 

日本人は感謝という言葉が好きだ。

「ありがとう、お母さん」

「ありがとう、おじいさん」

「ありがとう、亡き恩師」

 

しかし、よく考えてみると、日本人は感謝してばかりで、「感謝されること」を軽視している気もする。

 

僕の場合、最近感謝したのは桜岡由美ちゃんと川俣恵子さんくらいかな。

「ありがとう。2人の美女たち!」みたいな。

 

はっきり言って、僕の場合、感謝されることの方がずっと多い。

 

先日は、タワマンを買う取引先の若夫婦に資金援助して、縁起が悪い49階から最上階の50階にレベルアップしてやった。お礼に10万円のワインをもらっちまったよ笑笑

 

いらなくなったブランド品を定価で買い取って、大学生に無償で提供するという事業も始めた。バブルを経験した俺に比べると、最近の大学生は地味すぎるからね。

 

感謝されることは貸しを作ること。

これが俺の哲学さ。

以上、金持ちになったら、俺を頼りに来てくれよ爆笑

 

終わり

f:id:soukanaruhodone:20201128134232j:image