放送作家の備忘録

ステレオタイプに犬が好き

PIZZA-LA派? Domino’s Pizza派?

今週のお題「ピザ」

 

大学2年の冬だったと思う。僕は友人たちと朝まで、PIZZA-LAとDomino’s Pizzaのどちらがおいしいか議論した。国道16号沿いのロイヤルホストだった。僕はどちらも好きだったので、曖昧な立場をとり、最終的に勝ちそうな側につくつもりだった。

 

僕は社会人になった。絵に描いたような野心家だった。心が野原に転がっているような男だった。僕は宅配ピザ屋を開店した。「PIZZA-LA or Domino’s Pizza」という店名にした。

 

PIZZA-LA or Domino’s Pizza」のウリは注文から20分以内にピザを配達することだった。間に合わなかったら20,000円キャッシュバックすることにしていたが、そんなケースはほとんどなかった。

 

僕たちはバイクに乗って全速力で注文主の家に向かい、途中のPIZZA-LAかDomino’s Pizzaでピザを買って、それを届けた。

 

僕は富裕層の仲間入りをした。ピザ成金と陰で言われていることは知っていたが気にとめなかった。僕は美しい妻とフェラーリを手に入れていた。

 

ある日、僕は店員が皆、疲れ果てた顔をしていることに気づいた。僕の右腕だった山城が近づいてきて「15分で配達する店ができた、もう限界だ」と言った。そのとき僕は悟った。こんなやり方を続けても、本当の意味での勝者はない。

 

そこで僕は「いつ配達されるかわからない頑固おじさんのピザ屋」を開店した。そして、17角形のピザを作ることを決意した。社員たちの目の色が変わった。僕たちはチャレンジしている!俺たちはチャレンジしているんだ!

 

僕はフェラーリを売った。妻もブスだけど心の優しい女の子に変えた。僕はいつか19角形のピザを作るつもりだ。

f:id:soukanaruhodone:20201120222941j:image